So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
RSS Feed Widget
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

VOCA展 梅沢 和木 [Artist]

毎年新聞屋さんにいただいているチケットで今年もVOCA展を観にいってまいりまし
た。
ちょうど上野公園の桜もだいぶ咲き始めていたので、花見も兼ねての鑑賞です。
当初あまり期待していなかった今年のVOCA展ですが、一転非常に強烈な作品に出会いました。
それがこちら梅沢 和木。
梅沢和木.JPG

タイトルは「すべてを死るのも」
高さ232センチ、幅372センチの超巨大作品です。

梅沢 和木はカオスラウンジでの展覧会以降以降、個展も含めちょくちょく見に行ってただけによく知ってましした。
東日本大震災にインスパイアされて製作されたこの絵は、VOCA展の中でも特に目立っており、終始人だかりであります。

佳作ということで受賞はしているのですが、今回のVOCA展のなかでは一番優れた作品です。VOCA展という展覧会いやアート界でのしがらみ上対象をあげるわけにはいかなかったのでしょうが。。

そもそもVOCA展とは全国の美術館学芸員、ジャーナリスト、研究者などに40才以下の若手作家の推薦を依頼し、その作家が平面作品の新作を出品するという方式により、全国各地から未知の優れた才能を紹介することを目的にしていますので、どうしても選考基準がアカデミックな、頭の固い学芸員の基準に合わさることにはなると思うのですが、それでもよく佳作賞をあげたものだと感心します。

インターネット上に散らばっているさまざまなモの画像を拾い集めることで表現するその手法は一時物議も醸しましたが、そんなことは関係なく表現し続けたことがある一定の形となって現れたわけで、そもそも村上隆率いるカイカイキキのアーティストたちとは、そのオタクのベクトルが違うようです。そのような意味では現在の日本では新しいオタクともいえます。

VOCA展のサイト上でも多少掲載されてますので、興味のある方はどうぞ。
http://www.ueno-mori.org/exhibitions/main/voca/2018/



nice!(0)  コメント(0) 

平子雄一 [Artist]

エルナン・バス (HERNAN BAS)のことを調べていくうちに、ここたどり着きました。
なんか不思議な絵です。
hira2.JPG
これから色々調べていこうとは思いますが、こういう世界観は自分には掛けないだろうなと思いますが、何かの参考になりそう。
好きな世界ではあるのですが。
hira.JPG


タグ:平子雄一
nice!(0)  コメント(0) 

エルナン・バス HERNAN BAS [Artist]

美術手帖の広告で知ったのですが、面白そうなと言うか、日本では今まで紹介されていなかったアーティストの展覧会が六本木のギャラリーで開催されているので、近々見に行こうかと持っています。

このギャラリー自体フランスから昨年日本に進出してきて、ソフィ・カル、村上隆など世界的なアーティストが多数所属しているようです。

詳しい紹介記事を貼っておきますので参考にしてください。

ギャラリー・ペロタンが2017年6月に日本初上陸! 六本木に新拠点をオープン
http://www.tokyoartbeat.com/tablog/entries.ja/2017/05/perrotin-tokyo-gallery.html

そして問題のアーティストですが、エルナン・バス (HERNAN BAS)。日本ではあまり効いたことがなかった名前です。
bas001.JPG
bas002.JPG
その作品は油絵でゴリゴリ、一見稚拙な作品ですが、個人的にはとても引かれるものが有ります。
なんか昔からのヨーロッパの陰湿で重厚な雰囲気の作品は懐かしさや人間の本質をえぐってくるように感じられます。聖書に登場するような場面に見えるのは私だけでしょうか?
bas003.JPG

私の好きな作家のピーター・ドイグにも共通するものを感じます。
ギャラリー・ペロタンのサイトも果てときますので、興味のある方は観に行ってください。
https://www.perrotin.com/exhibitions/current


こちらは、ピーター・ドイグの作品です↓
doig.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。