So-net無料ブログ作成
検索選択
RSS Feed Widget
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

アートフェア東京2017 東京国際フォーラム [Exhibition]

3/17から19日まで東京国際フォーラムで開催中のアートフェア東京2017に行ってまいりました。
会場入り口にはランボルギーニのアートカーが鎮座しております。
2017-03-18 14.13.34.jpg
マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ助教のスプツニ子がランボルギーニとコラボしたコンセプトカーということですが、デザインされたのは表面のみ。
スプツニ子のイメージを表現しているという意味ではよいのでしょうが話題づくりが先行してるようです。



会場内は例年通り、プライマリーのギャラリーから近代絵画、陶芸などを扱う画廊までさまざま。
管理人は若いこれからの作家にしか基本興味がありませんので、そのようなギャラリーをご紹介しますが、中にはアーティスト本人もいらっしゃって数人の作家さんとはお話もさせていただきました。


まずは、東京画廊の松浦浩之。
東京画廊は死銀座にある老舗画廊ですが最近は新しい傾向の作家も扱っておりひそかに注目しております。
昔は芸大系のこ難しそうな作品の扱いが多かったのですがずいぶん様変わりしましたね。
松浦浩之氏の作品は3点出展されておりすでに完売。全てマスキングして丁寧に彩色された作品は強さとともにプロっぽさを感じます。アシスタントを使わずに全て作家自身の手で描かれているようで、自分で制作せずにはすまされないようです。量産はできないでしょうが、独自のスタイルが確立された作品はとてもインパクトがあります。
2017-03-18 16.53.28.jpg

会場入り口に展示されていたKAWSのように売れてくれるといいですね。
2017-03-18 16.56.56.jpg


札幌のGALLERY門馬が売り出し中の若いさ作家は山本雄基。
昨年の管理人のブログでも紹介しましたが、今回は小品を多数出品しておりすべて完売でした。
2017-03-18 15.04.30.jpg


今回特に気になったのが、清澄白河のHARMAS GALLERYが出品している高橋大輔。
油絵具を異常なほど塗りたくった作品が印象的で、数年前のオペラシティでの作品を見たときから気になっていました。
彼の作品は抽象画なのですが、美術市場での絵画の成り立ち、役割を強く感じさせる印象深い絵です。今後が気になる作家です。
2017-03-18 15.32.07.jpg


ほかに、ロッカクアヤコの大作がひそかに展示されており売約済みでした。
デビューからずっと見ておりますが、同じスタイルで描き続け、それなりの強さとクオリティーを保った作品作りができるようになってきました。安定してますね。
2017-03-18 16.08.04.jpg


また、小山登美夫ギャラリーの扱う女の子たちの作品は気になるものが多かったですね。
2017-03-18 16.14.02.jpg

アートフェアも何回目になるのか覚えておりませんが、管理人は若手の作家を発掘し、皆で育てていこうという視点で見ていますので、毎年楽しみにしております。

セカンダリーマーケットばかりを扱う画廊だけのフェアにならないことを強く希望します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

エリザベス・ペイトン肖像画展!原美術館で開催中! [Exhibition]

NY在住のアーティスト、エリザベス・ペイントの個展が品川の原美術館で開催されています。
pe.JPG
【出典:http://www.artnet.com/artists/elizabeth-peyton/


このアーティストの存在は昔から知っておりましたが、イラストのような作品で興味もなかったのですが、日本ではなかなかお目にかかれませんし、これだけのまとまった個展は初めてですので、一度は原画を観てみようと思い行ってきました。
2017-02-23 11.31.41.jpg
自身の好きなミュージシャンや友人たちを描いているゆるい作品が特長です。
1965年生まれのこの作家は、「ニュー・フィギュラティヴ・ペインティング(新具象派)」の画家として、90年代初頭にデビュー。
解説には人物や静物の絵には何層もの意味が込められ、さまざまに読み解くことができる。と書かれておりますが、私には理解できませんでした。
作品は殆どが小さなポートレートで、油彩画でした。ココまで世界的に評価される理由を探ろうと一生懸命見たのですが、ちょっと気になる作品数点以外は・・・。

感覚的に良さげなものは感じましたが、それだけ。やはり私にとっては期待はずれの展覧会でした。
ということで、作品に対する批評も感想もこれ以上は控えさせていただきます。
アートに対する接し方はそれぞれ自由ですので、これは管理人個人の感想ですので違った見方もたくさんあると思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

トーマス・ルフ展 東京国立近代美術館 [Exhibition]

東京国立近代美術館で開催中のトーマス・ルフ展。
日本では初めての本格的な個展です。11月13日(日)まで開催してます。
2016-09-15 13.26.17.jpg

トーマス・ルフ展が注目を集めたのは、あの巨大な肖像写真。普通に友人や知り合いを撮影した写真ですが、そのサイズが従来の写真では考えられないほどの巨大なもので天地で2メートルを超えるものです。
2016-09-15 13.35.25.jpg

当初からトーマス・ルフのテーマは、写真という媒体の可能性に着目していました。
2メートルに引き伸ばされたポートレート写真は、観るものに何を訴えるのでしょう。ただのポートレートがこの大きさを持つことで写真以上の存在になったかのように感じます。
そうまるで絵画のように。
トーマス・ルフは写真を絵画にしたいのでしょうか?
2016-09-15 13.51.05.jpg

きっと、絵画に対する憧れや、憎しみ、様々な思いがあったのでしょうね。もちろん写真の可能性を追求した結果ではあるのですが、必要以上に大きく引き伸ばされた写真の持つ表現力。これは、かつてのアメリカ現代アートが「大きさは表現」だとう結論にたどり着き、絵画の巨大化を、後には絵画は何に寄って成り立つのかというミニマルな考えに行き着くように、写真の新しい表現を追求しているように見えます。

今回の展覧会では、トーマス・ルフの数々の実験的な表現が、そのシリーズごとに整理され展示されています。
デジタルの特長を活かした作品作りや、ネット上の様々なイメージなどを再利用する作品。
少年時代から感心の深かった天体や宇宙に関する作品。それらのどれも我々の視覚や認識に改めて問いかけてきます。
2016-09-15 13.54.27.jpg

これらの作品群を見て我々は、現代人を取り巻く世界のあり方を再認識するように問われているようですが、これは写真に限らずアートの役割であります。
個人的にトーマス・ルフの作品に不満があるとすれば、凄さを感じられないこと。わかりやすくていいのですが、そこには狂気がひそんでいるはずなのですが、今の私にはそれが感じられなかったのが、少し残念です。
2016-09-15 14.04.45.jpg
2016-09-15 14.11.17.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。