So-net無料ブログ作成
検索選択
RSS Feed Widget
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

写実画 ホキ美術館 [BOOK]

本屋をのぞいていると気になる画集があった。

「写実画のすごい世界」
限りなくリアルな女性たち という副題で、女性像を中心にした写実画の画集だ。

この手の絵はずっと敬遠していたのだが、よく見るとただの写真のようなリアルな絵とは違い、まさにリアリズムを追求した絵だった。
しかも作者は日本人達。
2017-09-04 16.12.34.jpg
写実画の世界ではアンドリュー・ワイエスが好きで画集も持っているが、このタイプの作品もまさに現代アートという認識で、自分に素直になって観ると好きかもしれない。

しかもこの写実画を集めた美術館が数年前に千葉市にオープンしたらしい。
ホキ美術館という。

今度、じっくり鑑賞にいこうと思う。
現物を眼の前にしてどのようなに感じるか楽しみだ。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

芸術新潮 格闘する「建築」と「アート」 [BOOK]

芸術新潮 最新号11月号は建築家の安藤忠雄を取り上げて、建築とアートについて特集を組んでます。
and.JPG

建築家安藤忠雄はアート界での評価も高く、世界中で美術館の建築を手がけている。アート作品を展示するだけでない美術館、アートに心地よい空間を生み出す秘密と哲学に迫る。

ジェフ・クーンズの巨大な作品を前にした安藤氏の表紙が印象的な今月号が印象的です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

村上隆の企画で実現した、NYアートシーンの最前線報告 [BOOK]

アメリカ・ニューヨークのアートシーンを紹介する『美術手帖 2015年9月号増刊 ニューヨークアートシーン最前線』が、刊行された。

ニューヨーク在住のキュレーターであるアンドレア・ニュースティンが案内役になって、イアン・チェン、R・H・クエイトマン、ダレン・ベイダー、アニカ・イ、ポール・チャンというニューヨークのアートシーンを牽引する5人のアーティストのインタビューが収録されている。

一見すると、まったくわからない?? でも、面白い!!
jyodan.JPG

NYアートシーンは1990年代のシミュレーショニズム以降、人種、ジェンダー、個人など極めてメンタルな部分がテーマになっており、一見すると派手さ見られない。
それでもアートマーケットではとてつもないお金が動いている。
派手なのジェフ・クーンズを筆頭に金持ち趣味の作品が目立つが、同時にこの本で紹介されているような作品も常に存在してきた。

つねに同時代にココで紹介されているようなアーティストたちが居たということでは、最前線のアートを今も生み出しているNYはやはりアートマーケットの中心なんだろう。

これらの作品が普通に売り買いされる日もそう遠くないという予感を感じさせるという意味では、やはり期中な情報だと思う。
是非一読されたし。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート