So-net無料ブログ作成
検索選択
RSS Feed Widget
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

映画「ヘルタースケルター」 [ essay]

やたら派手な前宣伝で注目の「ヘルタースケルター」見てきました。
結論から言うと、つまらん!

監督の蜷川実花の世界をふんだんに堪能指してきましたが、映画としてはどうなの?

個人的には映画はあくまでエンターティメンとと考えてはおりますが、それでも前日に見た「苦役列車」のほうが数倍良かった。

もちろん、男と女では感性も見方も違うとは思いますが、まして私は50過ぎのおじさんですし。でもそれを差し引いてもどうなのかな?

しかもこの原作のコミックは、岡崎京子が1996年まで連載していたようで、監督の蜷川にとってはかなりインパクトのある作品のようです。
私の知ってる蜷川と同年代の女性に聞いたところ、当時岡崎の作品は少女コミックの世界にあってはかなり異質で衝撃的な内容だったとのことです。もちろんこれを少女コミックの範疇で語ってはいけないのですが。
とにかく女性にとって「美しさ」というのは多分特別なものなんでしょうから我々男性陣にはわからない世界ではあるのですが。
ですが、2012年の現在において、この原作のテーマはなんかずれてるんじゃないかという違和感は最後までつきまといました。

蜷川の前作「おいらん」を見てないので、この一作で判断は出来ないのですが、映画監督としての彼女はどうなのか?
写真家としては認めますし、昔オペラシティで見た彼女の個展で見た学生時代の作品はその才能を感じただけに残念です。

また沢尻は多分監督の期待には応えたと思いますが、「クローズドノート」でのあの一件以来、すっかり悪役が身に付いたようですが本当の良さは違うと思ってます。
多分「パッチギ!」の井筒監督が見いだした沢尻の才能は違うところにあると思います。

キャスティングもあれだけの豪華俳優。
特にマネージャー役の寺島しのぶなんて凄い女優を使用してるんですがね。
リリコの後輩役の人気モデルの水原希子は良かったけど。
協賛も多数のメジャー企業もついてるし、相当お金は集まったのだと推測されます。
それだけになんか残念な映画でした。

中盤のクライマックスでの浜崎あゆみの楽曲の起用といい、見え見えの演出が個人的には気持ち悪かったのですが、多分反感を買うようなことをあえて書いてます。

書き始める前はいろいろ言いたいことがあったんですが、途中で夕飯の時間でワインを一本飲んでしまい、頭の中が整理出来ない状態で書いてます。ゴメンなさい。

ちなみに同じような傾向の映画としては、中谷美紀主演の「嫌われ松子の一生」の方が」格段に良かったな。

いろんな意味で、封切り後の反響が楽しみな映画です。この映画は
あくまでも個人的な感想なので、これを読んで判断して見ないのはもったいないと思いますノで、皆さんぜひ見てくださいね

しかし、蜷川実花ならあんなにお金集まるんですね、すごい。
ピクチャ 3.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「苦役列車」 [ essay]

「苦役列車」映画見てきました。

芥川賞作品の映画化で一部では話題の作品の封切りです。
ピクチャ 2.jpg
原作を昨年読んだときには、途中から気持ち悪く、胸がムラムラ。よくこんなので芥川賞がとれたなと不思議だったのですが、後日、作者の西村賢太がNHKの課外教室って番組で、「自分の恥ずかし部分をさらけ出してみよう」と小学生に作文を書かせていたのを見て、なるほどと思ったのを覚えています。
文学なんだ、こういうのもありかもと思ったのも事実ですし、その後気になってたところで映画化ということで、初日に見に行きました。

芥川賞は常に新しい文学の可能性を探る新人のための賞でもあるし、世間に話題を提供するという使命もありますし、選考されたことに対しての不満はないのですが。

で、映画の方は。

これが良かった。原作とは全く別物のような出来です。
『マイ・バック・ページ』の山下敦弘監督が映画化らしく、何とも言えぬ独特の世界が。脚本も良いのだろう。原作では表現しきれない寛多のダメさ加減や絶望、嫉妬や焦燥感など、やはり映像の力はすばらしい。これにはもちろん森山の演技力とそれを引き出す監督の技量なのだろうが。

原作では表現しきれないモヤモヤが見事に表現されておりすばらしい。
また原作に無いストーリーや設定も良かった。前評判の悪かったAKB前田敦子の設定や演技もかなりでした。個人的には前田を見直した作品でした。ひょっとして前田女優としていけるんじゃないかと。かなり可愛かったですよ。
寛多の友人役の高良健吾がまた良い味出してましたね。この映画はキャステングの勝利ですね。
原作がたいしたこと無くても、映像でこんなにも変わるのかと。改めて表現者の力を思いさらされた作品でした。


ちなみに、作者の西村賢太は前田敦子じゃなくて柏木由紀にヒロイン役をオファーしてたそうですが、どういう事情か前田に。
柏木のも見てみたかったけど、この映画に関しては前田で正解かなと思います。
こういう青春映画もあるということで、自分の中ではかなりの高評価の映画でした。

もっとも商業的に大成功とはいかないと思いますが。一般的には同じ森山未來主演なら「モテキ」のほうが受けるんでしょうが。
ピクチャ 1.jpg


あとは、「ヘルタースケルター」を


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画