So-net無料ブログ作成
RSS Feed Widget
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
前の3件 | -

VOCA展 梅沢 和木 [Artist]

毎年新聞屋さんにいただいているチケットで今年もVOCA展を観にいってまいりまし
た。
ちょうど上野公園の桜もだいぶ咲き始めていたので、花見も兼ねての鑑賞です。
当初あまり期待していなかった今年のVOCA展ですが、一転非常に強烈な作品に出会いました。
それがこちら梅沢 和木。
梅沢和木.JPG

タイトルは「すべてを死るのも」
高さ232センチ、幅372センチの超巨大作品です。

梅沢 和木はカオスラウンジでの展覧会以降以降、個展も含めちょくちょく見に行ってただけによく知ってましした。
東日本大震災にインスパイアされて製作されたこの絵は、VOCA展の中でも特に目立っており、終始人だかりであります。

佳作ということで受賞はしているのですが、今回のVOCA展のなかでは一番優れた作品です。VOCA展という展覧会いやアート界でのしがらみ上対象をあげるわけにはいかなかったのでしょうが。。

そもそもVOCA展とは全国の美術館学芸員、ジャーナリスト、研究者などに40才以下の若手作家の推薦を依頼し、その作家が平面作品の新作を出品するという方式により、全国各地から未知の優れた才能を紹介することを目的にしていますので、どうしても選考基準がアカデミックな、頭の固い学芸員の基準に合わさることにはなると思うのですが、それでもよく佳作賞をあげたものだと感心します。

インターネット上に散らばっているさまざまなモの画像を拾い集めることで表現するその手法は一時物議も醸しましたが、そんなことは関係なく表現し続けたことがある一定の形となって現れたわけで、そもそも村上隆率いるカイカイキキのアーティストたちとは、そのオタクのベクトルが違うようです。そのような意味では現在の日本では新しいオタクともいえます。

VOCA展のサイト上でも多少掲載されてますので、興味のある方はどうぞ。
http://www.ueno-mori.org/exhibitions/main/voca/2018/



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

桑久保徹 小山登美夫ギャラリー [Exhibition]

小山登美夫ギャラリーでの4年ぶりの桑久保徹 個展です。

以前観たのは清澄にあるときの小山登美夫ギャラリーでした。
油絵の具で厚塗した大きなキャンバスが印象的でした。

桑久保徹は、古典的な手法(油絵の具でグイグイ描く)をあえて選んで、現代美術に取り組んでおります。もちろんこのヨプな古典的な手法で取り組む作家は多いのですが、桑久保徹の絵はゴッホばりに油絵の具が盛り上がっております。
特徴的なのは心象風景を物語性に表現する独特の世界です。

今回は、桑久保徹が尊敬する画家の生涯を一つのキャンバスに書いた大作で、カレンダーシリーズとし完結するようです。

桑久保徹の選んだ作家は、ピカソ、フェルメール、アンソール、セザンヌ、スーラ、ゴッホ。今後残りの作家を選んで制作していくようですが、今回はペンディング6点、ドローイング6点が展示されていました。
写真 2018-01-24 14 21 55_preview.jpeg
ペンディングは150号サイズの大作で見応えあります。
一般受けする作家では無いと思いますが、現代美術と正面から取り組む桑久保徹の作品は今後の展開を見守っていきたいと思います。

写真 2018-01-24 14 22 00_preview.jpeg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

エルナン・バス HERNAN BAS ギャラリー・ペロタン [Exhibition]

かつて日本では紹介されたことのないエルナン・バス (HERNAN BAS)の作品を観にギャラリー・ペロタンまで行ってきました。
写真 2018-01-24 14 40 13_preview.jpeg

地下鉄日比谷線の六本木駅を出て、青山ブックセンターのワキの路を入っていくと、目立つところにギャラリー・ペロタンはあります。

写真撮影もオッケーということで、撮影した写真を少し掲載します。
路面店ですし、全面ガラス張りのギャラリーは道行く人からも展示風景が見えて
なにか日本のギャラリーとは少し趣を異にします。
写真 2018-01-24 14 40 29_preview.jpeg
画集も現在発行されている3冊がテーブルの上に置かれており、中身を観ることができます。

エルナン・バスは1978年アメリカ生まれで、近年国際的に注目を集めています。19世紀のデカダン派の作家オスカー・ワイルドやナビ派の画家たちの影響を受けたその作品は、象徴性や指摘比喩に満ちています。
抽象画と風景画の合わさったような画面の中で古典的な趣を奏でながら、派手な色彩と装飾的な要素の対比が眼を引きます。
写真 2018-01-24 14 40 35_preview.jpeg


すぐ近くに小山登美夫ギャラリーがあるので、そちらも目的の一つでしたので、行ってまいりました。
桑久保徹展です
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の3件 | -