So-net無料ブログ作成
RSS Feed Widget
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
前の3件 | -

東京オートサロン2018 幕張メッセ [car]

久しぶりにクルマネタです。
新年も開けて早々1月12,13,14と幕張メッセで開催されていた東京オートサロン2018に行ってきました。
DSC_0072.JPG
もとは、「オプション」という改造車の雑誌を発行している小さな出版社がはじめた改造車のためのイベントでした。
1983年、初代編集長の稲田大二郎が発起人となり、「東京エキサイティングカーショー」の名称で晴海・東京国際見本市会場東館開催したのが始まりです。

今のようにチューニングカーなどという概念も無く、暴走族の改造車というマイナスイメージしかなかった時代です。彼らの努力もあり、また時代の規制緩和のおかげもあり、改造車のマーケットは広がり、今ではチューンドカーという市民権を得るにまでになりました。

なんといっても日産がR34GT-Rを正式に発表したのがこの会場です。東京モーター書でなく、オートサロンであったことはメーカーにとってもこのイベントはマーケットの拡大に欠かせない重要な位置づけと捉えていることの証です。
DSC_0017.JPG

まさに東京オートサロンの歴史はそのままチューンドカーの歴史なのですが、ここ10年位は改造というよりは、音響系、エアロ主体のファッション系など、随分クルマの楽しみが変わったというか、様々な楽しみの幅が広がっています。
それに反比例して若者のクルマ離れも加速しているようで、さらに新しいクルマの楽しみを展開しなくてはと、業界としても危機感を抱いているようです。

今年特に感じたのは海外からの観客の多さです。特に中国勢はブースの出展までありますし、アジアでは日本のクルマ文化が注目されているのを肌で感じます。

一時のようなコンパニオン・キャンギャルの派手な演出も少なくなり、また自動車メーカーの派手な出展もなくなり、アフターパーツメーカーの出展が目立ちました。が、寂しいのは外国車のメーカーの出展が無いことですかね。
モーターショーと違い自動車メーカーのためのイベントでは無いのですが、輸入車関係を見られないのは寂しいです。

今年もやはりR35GT-Rのチューニングカーが目立ちましたが、もう一つの楽しみであるコンパニオンの写真などを掲載しておきます。
とにかく様々な楽しみ方の出来る東京オートサロンであれば良いのかと思います。
DSC_0002.JPG
DSC_0282.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

カオス*ラウンジ新芸術祭2017  [Exhibition]

最近はあまり展覧会にも行っていない。
まず、東京都現代美術館がずっと改修工事で行っていない。
またよく行く、川村美術館や水戸芸術館も興味を引く展覧会をしてないというのもその理由だ。

そんななか、美術手帖のART NAVIを見ていたら、カオス*ラウンジが何か面白そうなことをやってるのを発見。
カオス*ラウンジ新芸術祭
というやつだ。

黒瀬陽平が中心になって、カオス*ラウンジが2014年から、福島県いわき市の各地を継続的に訪れ、美術史的、民俗学的、社会学的なリサーチを重ね、その成果として2015年から1年に1回、いわき市内で「展覧会」を開催してきました。

今回で3回目らしい。
カオス*ラウンジ新芸術祭2017 市街劇「百五〇年の孤独」


そして、その公式サイトというのを開いてみたらびっくり。
http://chaosxlounge.com/zz-izumi/jigoku.html

まったく、若いアーティストの感覚に驚かされる。
商業的に派絶対成功しない活動を地道にやっているパワーに感服だ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

セザンヌの記憶 [ essay]

三十数年ぶりに描いた油絵。静物画です。
週一で、2時間づつ4週くらいですのでまだ未完成なのですが、とりあえず一旦ここで。
DSC_0354.JPG
難しいモチーフで描くのに躊躇しましたが、素直にモチーフに忠実に描いたつもりです。
といっても一般的には見えるとおりに描いたとは思えないでしょうね。

前回のブログでセザンヌのことを描いたのですが、
セザンヌは何をしたのか?

セザンヌのように、モチーフを単純化するつもりは全くありません。
ですが、自分なりに存在感、空間を書き出そうとしていたらこんな事になりました。
傾向との照明がバラバラで、うまく光を捉えられなかったのもあり、結果的に全体の空間存在がうまく描ききれずに、個別のモチーフの存在感を出そうとした結果です。
もちろん未完成というのもありますが、絵としては全くダメダメです。
ですが、書くことで発見がありました。
昔の感覚というのもありますが、描けば描くほど発見があったのは、驚きでした。
を描くというのはこういうことなのか。
決して何かを追求するというのとは違う、描くことによっての新たな発見。
これを続けることで何かが見つかるのかもしれません。
画家は理想を持って書き出すのでしょうが、やはり書いてるうちに様々な発見があり、一直線にはその胃ろうにはいかないようです。
この絵はまた続きを5日書こうと思いますが、そのときにはモチーフがないので記憶で描くしか無いかな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の3件 | -